最初に読みたい厳選5記事
おうちディズニーや新築スウェーデンハウスについて!

ディズニー再現料理・WDW新婚旅行・ミラコスタ結婚式(コロナで中止)を中心に、新築スウェーデンハウスについて記録しています!

大人気パークフード、ポークライスロールのレシピはこちら

ロウの不安定性検査(Rowe test)で肩の不安定性をテスト!

スポンサーリンク
ロウの不安定性検査 理学療法
スポンサーリンク

今回は臨床でも使われるロウの前方不安定性検査(Rowe test)の方法を説明します。他に紹介している検査よりは少しマイナーかな・・・?と思いますが、、、

何度もボールを投げたり、ラケットを振ったりしているとだんだんと肩が緩くなることがあります。すると脱臼など肩の怪我につながりますが、その時には肩の前が不安定となり痛みが生じます。

そのため、肩の前の不安定性を評価する必要があります。

今回は肩関節の不安定性をテストするものになりますが、肩関節の不安定性のテストは

もありますので、合わせて要チェックです。

また負荷偏位試験(Load and Shift Test)も忘れてはいけません。これらのテストを複数行って判断していくことになります。

ロウの前方不安定性検査(Rowe test)

テストされる人の姿勢

・仰向けで寝た姿勢になり、検査する腕の手を頭の後ろに置きます。

テストする人(検査をする人)の動き

  • 上記の通り寝てもらいます。脱力するように伝えておきましょう。
  • 自分(検査をする人)の握り拳を肩とベッドの間(上腕骨頭の後ろ)に置き、頭の後ろを触っている腕の肘部分を下に押します
ロウの不安定性検査

開始姿勢。拳を肩の下に入れる。

ロウの不安定性検査

そのまま腕を広げてもらう

ロウの不安定性検査

広げたところから肘をさらに下に押し込む

動画

みるべきポイント

下に押した際に不安感や痛みが生じれば陽性となります。

これは名前の通り、肩関節の前方の不安定性を見るテストになりますので、陽性の場合、肩の前方が緩んでいる可能性があります。

まとめ

今回は、ロウの前方不安定性検査(Rowe test)を説明しました。

肩の後ろ側に拳を置く点においては、フルクラムテストと似ている部分もありますね。

肩関節の前方不安定性を検査するものには肩関節の前方の不安定性テスト(anterior apprehension test)フルクラムテスト(fulcrum test)リロケーションテスト(relocation test)という方法もあります。

これらは不安定性のテストになりますので、基本的には肩の前部分に痛みが生じると考えられます。テスト単独での信頼性は低いため、他の関節唇テストや肩のインピンジメントに関するテストなど、複数のテストを行って判断するようにしましょう。

その他のテスト結果や主訴との兼ね合いで、何か心配になることがあれば医療機関への受診をお勧めします。

 

 

あくまでも個人的な見解を含んでおり正確性を保証するものではありません。実際に行う場合は各自の判断と責任で行うようお願い致します。また当記事の目的は、医療従事者以外の方が各々で判断できるようにすることではありません。納得して医療機関にスムーズに受診が出来るようなアドバイス、もしくは新人の医療従事者向けとなりますので、無理な範囲を超えて行わないようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました