最初に読みたい厳選5記事
おうちディズニーや新築スウェーデンハウスについて!

ディズニー再現料理・WDW新婚旅行・ミラコスタ結婚式(コロナで中止)を中心に、新築スウェーデンハウスについて記録しています!

大人気パークフード、ポークライスロールのレシピはこちら

肩関節のフルクラムテスト(fulcrum test)とリロケーションテスト(relocation test)のやり方

スポンサーリンク
肩関節のフルクラムテスト(fulcrum test) 理学療法
スポンサーリンク

今回は臨床でも頻繁に使われる肩関節の前方の不安定性を判別するフルクラムテスト(てこ台検査)の方法を説明します。

今回は肩関節の不安定性をテストするものになりますが、肩関節の不安定性のテストは

もありますので、合わせて要チェックです。

私はこの本から学び始めました!後輩と一緒に読みながら、発行されてから数年経った今でも使っています。なんの本なら良いのか分からない・迷っている人には本当におすすめなので、是非検討してみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション 痛みの理学療法シリーズ / …
価格:5720円(税込、送料無料) (2021/7/15時点)

楽天で購入

フルクラムテスト(fulcrum test)

フルクラムテストとは、別名「てこ台検査」と呼ばれます。

フルクラム:「fulcrum」とは、「てこ・支点」の意味を持つのですが、さて、何が「てこ・支点」なのでしょうか。

テストされる人の姿勢

・仰向けに寝た姿勢になります。
・検査する腕を真横に挙げ、肘を直角に曲げます。(肩関節外転90°、肘屈曲90°)。
・ここからはテストする人に腕を動かしてもらいます。

テストする人(検査をする人)の動き

  • 上記の通り寝てもらいます。脱力するように伝えておきましょう。
  • 肩のやや外側とベッドの間に自分(検査をする人)の拳を入れます。この拳がてこになっています。(このてこがあるからこそ肩関節にストレスがかかりやすくなりますので、このテストの有意性はここにあります!!!!) 拳を入れるだけで痛がる人を多く経験したので、写真では手の平を入れています。
  • そこから検査する側の腕の手首を持ち、肘の位置が動かないように腕を外側(上の方)に回します(肩関節外旋)。
肩関節のフルクラムテスト(fulcrum test)

このように手を肩の後ろに入れる。

肩関節のフルクラムテスト(fulcrum test)

手を入れたまま腕を後ろに回す。

動画

みるべきポイント

腕を外側に回した時(肩関節外旋)に痛みや肩が外れそうな不安感が出現したら陽性になります。

 

リロケーションテスト(relocation test)

さて、このフルクラムテストが出来たら、合わせて行いたいのがリロケーションテスト(relocation test)です。

やり方・みるべきポイント

これは、フルクラムテストを行った際に痛みや肩が外れそうな不安感が出た時に行います。その不安感が出た時に肩の外側(上腕骨頭)を上から下に押します。拳を入れた腕の部分を上から下に押すということですね。

その押した時に、先ほど生じていた痛みや不安感が消失すればこのテストは陽性となります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

理学療法プログラムデザイン ケース別アプローチのポイントと実際 [ 市橋則明 ]
価格:7700円(税込、送料無料) (2021/7/15時点)

楽天で購入

肩関節に限らず、全体的に勉強したい方、新人の方はこの本がおすすめ。超有名な京都大学の一橋先生の本ですね。まずはこの1冊で学んでみると良いと思います。

まとめ

フルクラムテスト(fulcrum test)、リロケーションテスト(relocation test)の方法を紹介しました。

これらは不安定性のテストになりますので、基本的には肩の前部分に痛みが生じると考えられます。もし肩の後ろが痛くなったという場合は、インピンジメント(挟み込み)によって痛みが生じている可能性がありますので、その場合はインピンジメントのテストを行ってみましょう。

肩のレントゲンで異常ないけど痛い時のチェック!ニアー・ホーキンス-ケネディのインピンジメントテスト
肩のレントゲンで異常ないのに痛い!ニアー・ホーキンス-ケネディのインピンジメントテストを試してみよう!方法を解説!

またこのリロケーションテスト(relocation test)が陽性であった場合は、特にアプリヘンジョンテスト(apprehension test)を必ず行うようにします。同様の前方の不安定性のテストですので、信頼性はグッと上がります。

肩関節の前方・後方不安定感テスト(anterior/posterior apprehension test)。脱臼したと思ったら・・・
肩関節が不安定かな?子ども大丈夫かな?と思ったら、肩の前方・後方不安定感テスト(anterior/posterior apprehension test)を試すのもありです。見るべきポイントを紹介。予防・早期発見こそ最大の医療」です。自分、または家族・子どもの身体を考える機会にしてみてください。

また他の肩関節の筋肉の検査を行いながら、総合的に判断しましょう。テスト単独での信頼性は低いため、複数のテストを行って下さい。要チェックポイントです。

empty can testとfull can testの解説。現場で非常に多く利用される検査をやって怪我・原因チェック!
empty can testとfull can testの解説です。現場で非常に多く利用される検査の上、簡単にできるものです。肩が痛いスポーツ選手、子ども、高齢者の方はやってみると怪我が発見できるかもしれません!
ペインフルアークテスト(painful arc sign)の方法。別名「有痛弧」
有痛弧サイン・ペインフルアークテストはスポーツしている人や肩が痛い四十肩・五十肩の大人の方まで適応できるチェック方法。実際に病院でも行われているテストを解説しました。
リフトオフテスト(Lift off test)は肩の前が痛い時に確認しよう!
肩の前が痛い時にはリフトオフテスト(Lift off test)を確認しよう!腱板断裂の人にも行うテスト。「予防・早期発見こそ最大の医療」です。肩の痛みを自分で解明するのも大事ですが、自分に生じているかもしれない怪我の可能性を見つめ直すことが重要です。自分、または家族・子どもの身体を考える機会にしてみてください。
その肩の痛み、上腕二頭筋長頭腱炎かも?テスト方法をブログで紹介!
上腕二頭筋長頭腱炎のスピードテストをブログで紹介。肩の前が痛い時、または腱板損傷の人もなっている可能性ありますので、チェックする価値あり!

 

その他のテスト結果や主訴との兼ね合いで、何か心配になることがあれば医療機関への受診をお勧めします。

 

 

1) F W JobeR S KvitneC E Giangarra.Shoulder pain in the overhand or throwing athlete. The relationship of anterior instability and rotator cuff impingement. Orthop Rev. 18(9): 963-75, 1989

2) Ian K Y LoBlake NonweilerMichael WoolfreyRobert LitchfieldAlexandra Kirkley.An evaluation of the apprehension, relocation, and surprise tests for anterior shoulder instability. Am J Sports Med 32(2): 301-7, 2004

あくまでも個人的な見解を含んでおり正確性を保証するものではありません。実際に行う場合は各自の判断と責任で行うようお願い致します。また当記事の目的は、医療従事者以外の方が各々で判断できるようにすることではありません。納得して医療機関にスムーズに受診が出来るようなアドバイス、もしくは新人の医療従事者向けとなりますので、無理な範囲を超えて行わないようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました