最初に読みたい厳選5記事
おうちディズニーや新築スウェーデンハウスについて!

ディズニー再現料理・WDW新婚旅行・ミラコスタ結婚式(コロナで中止)を中心に、新築スウェーデンハウスについて記録しています!

大人気パークフード、ポークライスロールのレシピはこちら

ドロップアームサインとは?「別名:腕落下試験」のやり方

スポンサーリンク
ドロップアームサインとは?腱板損傷の時やテニス・バレーのアタックで痛みない? 理学療法
スポンサーリンク

今回は臨床でも頻繁に使われるドロップアームサイン(drop arm sign)の方法を説明します。別名は「腕落下試験」です。読み方は「うでらっかしけん」です。

肩が痛くなる原因には色々ありますが、その中でも最も考えやすいのが、「筋肉そのものの損傷」です。よね・・・?笑

ぴんくほっぺ
ぴんくほっぺ
でもどの筋肉が傷んでいるのかが分からなければどうしようもない・・・

という時に行うテストになります!

 

肩関節の参考書でわからなければ、この2冊は良いと思います。

私も購入しました。

具体的なアプローチ方法、考察の進め方も買いてあるので、初心者のPTは本当おすすめです。後輩にも購入進めているくらいです!

ドロップアームサイン・テスト(腕落下試験)の方法

ドロップアームサインは、主に棘上筋という筋肉が痛んでしまっているかどうかを確認する検査になります。

テストされる人の姿勢

・腕を真横に持ち上げてもらいます。
・腕をゆっくりと下ろします。

テストする人(検査をする人)の動き

  • 検査する腕を持ち、力を抜くように指示しながら真横に持ち上げます肘を曲げないように注意します。
  • 腕をゆっくりと下ろしてください」と指示をして、ゆっくりと腕を離します。
ドロップアームサインとは?腱板損傷の時やテニス・バレーのアタックで痛みない?

検査する腕を持ち、力を抜くように指示しながら真横に持ち上げます

ドロップアームサインとは?腱板損傷の時やテニス・バレーのアタックで痛みない?

腕をゆっくりと下すように指示し、ゆっくり戻すことが出来ない場合・戻す途中で強い痛みが生じる場合は陽性になります

動画

動画では腕が徐々に落ちてきてしまうような状態を表しています。これも陽性です。

みるべきポイント

腕を離した時にどうなるかを確認します。

腕をゆっくりと戻すことが出来ない場合・戻す途中で強い痛みが生じる場合に陽性(刺激に対して反応があったことを示し、予想される原因がそうである可能性があること)となります。

特に棘上筋という筋肉が完全に切れてしまっている場合は、動画のようにストンと腕が落っこちてしまいます。一方、完全ではないが少しだけ切れてしまっている場合は、ゆっくり下ろすことが出来るものの痛みが出現することが多いです。

また年齢が若い人の場合は、腕をゆっくりと下ろしている時に上から軽く力をかけて行うこともあります。若い人は力が強いので、腕の重さであれば断裂があっても持ち上げる力がある可能性があるからです。

まとめ

ドロップアームサイン(drop arm sign)、別名「腕落下試験」の方法を紹介しました。

これはさらなる別名があり「コッドマンテスト(Codman’s test)」とも言われます。

これを行う場合、肩をすくめたり、外(真横)から上げるのではなく、真横より少し前から下ろすなど、かばって動作をする場合があります。このような動きが見られた場合は正しい検査方法ではなくなるので、注意が必要です。

他の筋肉を検査するテストはこちらを参照してください。

empty can testとfull can testの解説。現場で非常に多く利用される検査をやって怪我・原因チェック!
empty can testとfull can testの解説です。現場で非常に多く利用される検査の上、簡単にできるものです。肩が痛いスポーツ選手、子ども、高齢者の方はやってみると怪我が発見できるかもしれません!
リフトオフテスト(Lift off test)は肩の前が痛い時に確認しよう!
肩の前が痛い時にはリフトオフテスト(Lift off test)を確認しよう!腱板断裂の人にも行うテスト。「予防・早期発見こそ最大の医療」です。肩の痛みを自分で解明するのも大事ですが、自分に生じているかもしれない怪我の可能性を見つめ直すことが重要です。自分、または家族・子どもの身体を考える機会にしてみてください。
その肩の痛み、上腕二頭筋長頭腱炎かも?テスト方法をブログで紹介!
上腕二頭筋長頭腱炎のスピードテストをブログで紹介。肩の前が痛い時、または腱板損傷の人もなっている可能性ありますので、チェックする価値あり!
棘下筋と小円筋の痛みを検査してみよう。外旋ラグ徴候(バネ戻り試験)テストはどうやってやるかを解説
肩関節の筋肉の損傷を確認する外旋ラグ徴候の解説です。「予防・早期発見こそ最大の医療」です。肩の痛みを自分で解明するのも大事ですが、自分に生じているかもしれない怪我の可能性を見つめ直すことが重要です。痛みの原因や検査方法、その他ポイントを解説しています。自分、または家族・子どもの身体を考える機会にしてみてください。

テスト単独での信頼性は低いため、他の複数のテストを行って判断するようにしましょう。

 

高橋邦泰. スポーツ理学療法で必要となる整形外科徒手検査と徴候. 理学療法科学23(3): 357–362, 2008

あくまでも個人的な見解を含んでおり正確性を保証するものではありません。実際に行う場合は各自の判断と責任で行うようお願い致します。また当記事の目的は、医療従事者以外の方が各々で判断できるようにすることではありません。納得して医療機関にスムーズに受診が出来るようなアドバイス、もしくは新人の医療従事者向けとなりますので、無理な範囲を超えて行わないようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました