最初に読みたい厳選5記事
おうちディズニーや新築スウェーデンハウスについて!

ディズニー再現料理・WDW新婚旅行・ミラコスタ結婚式(コロナで中止)を中心に、新築スウェーデンハウスについて記録しています!

大人気パークフード、ポークライスロールのレシピはこちら

ベリープレステスト(belly press test)の実際!肩甲下筋の断裂の可能性を疑ったら!

スポンサーリンク
ベリープレステストの方法を解説。肩甲下筋の筋力低下をテスト。 理学療法
スポンサーリンク

今回は臨床でも頻繁に使われる肩甲下筋の怪我をしているかを判別するベリープレステスト(belly press test)の方法を説明します。

肩が痛くなる原因には色々ありますが、その中でも最も考えやすいのが、「筋肉そのものの損傷」です。よね・・・?笑

ぴんくほっぺ
ぴんくほっぺ
でもどの筋肉が傷んでいるのかが分からなければどうしようもない・・・

という時に行うテストになります!

同じ肩甲下筋のテストはリフトオフテスト(Lift off test)というものがありましたね。それはここで詳しく説明しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション [ 村木孝行 ]
価格:5720円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

楽天で購入

私はこの本から学び始めました!後輩と一緒に読みながら、発行されてから数年経った今でも使っています。本当におすすめなので、是非検討してみてください。

ベリープレステスト(belly press test)

リフトオフテスト(Lift off test)も肩甲下筋のテストだけど、その違いって何・・・?

というところですよね。リフトオフテストは背中まで手を持っていく必要がありますが、それが出来ない場合にこのベリープレステストを適用させます。

「belly:腹部、press:押す」テストです。そのままですね笑

またベリープレステストの別名として「腹壁圧迫試験」とも呼ばれます。

テストされる人の姿勢

・座る、もしくは立位姿勢になります。
手のひらを自分のお腹に当てます
・そこから出来る限り強く、自分のお腹を押します

テストする人(検査をする人)の動き

  • 座る、もしくは立った状態から、手のひらをお腹に当てるように指示します。
  • どのくらい力を入れることが出来るのかを確認するために、テストする人の手を、テストされる人のお腹と手のひらの間に入れておきます。
  • そこからさらに手のひらでお腹を押すように力を入れるように指示します。
ベリープレステストの方法を解説。肩甲下筋の筋力低下をテスト。

手を、テストされる人のお腹と手の間に入れます

ベリープレステストの方法を解説。肩甲下筋の筋力低下をテスト。

お腹に手を押し付けるように指示しながらお腹から手を離すように前に押す

みるべきポイント

お腹を押すように力を入れた時に、しっかり力を入れることが出来ない場合・力を入れ続けることが出来ない場合・痛みが出る場合陽性となります。この時にかばう動きが出ないかを確認しましょう。

かばう動きとは、例えば「肘や肩が前に出てきてしまう」「肘がだんだん伸びてきてしまう」などがありますので、テストする人はそれらの動きが出てこないようにしっかり見ておきましょう。

動画

まとめ

ベリープレステスト(belly press test)の方法を紹介しました。

Gerberら1)さんは、1991年に リフトオフテスト(lift off test)を考案しました。このテストは、手を腰に回す必要がある検査になります。1996年に、Gerberら2)さんは,肩甲下筋腱断裂に対するテストとして新たにベリープレステスト(belly-press test)を考案しました。

適応できる患者、そうでない患者を考えてそれぞれのテスト方法を考案していくことは非常に重要です。私たちもこれらを活用してどちらの方法を使うかを考えていきたいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肩関節理学療法マネジメント 機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く [ 村木…
価格:6050円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

楽天で購入

ある程度肩を見たことがあればこの本も私はいいと思います。村木先生が書かれた本で臨床での考え方を教えてくれます。必要なければいいですが、まだ新人の人、経験が浅い人はさっきの本と一緒に読むとめちゃめちゃ成長できると思いますよ。

肩関節の前方不安定性を検査するものには肩関節の前方の不安定性テスト(anterior apprehension test)フルクラムテスト(fulcrum test)リロケーションテスト(relocation test)という方法もあります。

テスト単独での信頼性は低いため、他の複数のテストを行って判断するようにしましょう。

 

1) C GerberR J Krushell; Isolated rupture of the tendon of the subscapularis muscle. Clinical features in 16 cases. J Bone Joint Surg. Br. 73 :389-394, 1991

2) C GerberO HerscheA Farron; Isolated Rupture of the Subscapularis Tendon. Results of Operative Repair. J Bone Joint Surg Am 78(7): 1015-23, 1996

あくまでも個人的な見解を含んでおり正確性を保証するものではありません。実際に行う場合は各自の判断と責任で行うようお願い致します。また当記事の目的は、医療従事者以外の方が各々で判断できるようにすることではありません。納得して医療機関にスムーズに受診が出来るようなアドバイス、もしくは新人の医療従事者向けとなりますので、無理な範囲を超えて行わないようお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました